トップへイラストトップへ前へ次へ

『力不足は分かっています、でも、あなたを守ることが私の......望みだから...』
と、ファンタジー小説風に、(背景は手描きする余裕がなくて、千代紙でお茶をにごしたり...)